スポット型の企業弁護士とは何か

法律トラブルの専門分野で担当弁護士が変わる

一般企業や会社に属して法律トラブルを解決する方を企業弁護士と呼ばれており、そこで色んな問題を扱っていきます。その中でスポット型と呼ばれている雇用契約というものがあり、その仕組みについては次の通りとなっています。
実際の弁護士では専門分野というものが設けられており、大きく分けると民事訴訟と刑事事件専門に分類することが出来ます。弁護士の業務ではこれら2つを担当することはないため、依頼者の状況などによって担当者が変わることがあります。
スポット型はこういった場合に備えて、企業や会社が相談したい事例によって担当弁護士を変更することが出来ます。

例えば賠償金に関する問題が起きた時には、民事訴訟に強い弁護士に相談することが可能です。その場合には的確な判断やアドバイスなどを受けて、効率良く民事訴訟を行っていくことが出来ます。
また社員などが新聞沙汰になるような事件を起こした場合には、その人に対して懲戒免職処分を受けることが一般的です。そういったケースに発展すると、会社では法律的にどう扱うか弁護士に相談をすることがあります。そのような場合にも企業弁護士が活躍することがあり、会社や企業のために知恵を出していきます。
業務上において、社員が何か問題を起こしてしまった時にも味方となってサポートをすることがあります。この際の業務については、通常の弁護士とそれほど大きな違いというものはないです。

企業弁護士の役割

法律トラブルを未然または被害を最小限にすることが、企業弁護士における大きな役割でもあります。また実際にはトラブルは発生していないが、こういった場合にどうすれが良いといった相談にも応じていることがあります。これも通常の弁護士業務の一環となっており、依頼者の内容によって担当者が変わることもスポット型の特徴です。この場合においては、とりあえずは相談業務を行うといったことが基本となっています。
依頼料金についてですが、これについては無料となっている事務所もあれば有料となっているケースもあります。

金額については法律事務所の判断によるため、一概に費用がいくら発生するかはその時の状況などにより異なります。また初めて依頼をする場合においては、会社側が弁護士が在籍している法律事務所に連絡を取る必要があります。弁護士とは基本的に予約制となっているため、依頼者の事前連絡がないと法律相談にのることが出来ないことが大きなポイントとなっています。