組織内弁護士について

企業の中枢とも言える重要な部門で活躍する組織内弁護士

ビジネスマン

弁護士という言葉を聞く時、何らかの弁護士事務所に所属して、自分で色々なクライアントからの依頼を受けて問題を日々解決している人、というイメージがあるかもしれません。しかし、最近では、このような弁護士のよくあるイメージが、少しずつ変わってきています。
その理由は、組織内弁護士という新しいタイプの弁護士が増えてきているからです。弁護士だからといって、必ずしも開業しているという訳ではないのが、この頃目立ってきている状況です。

この傾向は全国的に見られるものであり、会社などの組織に所属する弁護士の増加は、日本全国で同様に目についてきています。以上のように現在増えつつある組織に属する弁護士ですが、さまざまな業界で活躍しています。
また、各種の企業が毎年採用する弁護士の数も増えてきています。会社などの組織に属する弁護士が活躍する場は、ガバナンスやコンプライアンス担当などの、企業の中枢とも言える重要な部門が多いと言えます。
このように、組織内弁護士は、その組織の成功の鍵を握る部門での活躍が期待されています。

弁護士事務所勤務の弁護士と組織に所属する弁護士の違い

では、弁護士事務所勤務の弁護士と組織に所属する弁護士の違いは、どういった点なのでしょうか。
例えば、法律に詳しい存在として、企業の法務部門勤務の社員も存在しています。何らかの組織に属する弁護士は、このような法務部所属の社員と社外の弁護士との中間に位置する存在であると言えます。
また、事務所勤務の弁護士と組織所属の弁護士では、対象となるクライアントが大きく違っています。組織に属する弁護士であれば、その顧客になるのは主として企業であると言えます。一方、弁護士事務所などに属している弁護士は、主なクライアントは個人ということになります。
このように、社内の弁護士と巷の弁護士事務所に所属する弁護士では、大きくクライアントの属性が違っています。また、クライアントが変われば、それと共に仕事の内容も変化します。社外の弁護士が主に個人の間の争いを解決するのに対して、組織内弁護士は企業間の問題を扱うことが多いと言えます。

企業で活躍する弁護士の年収について見てみると、事務所経営で成功している弁護士の収入には及ばないものの、企業全体の中では平均よりずっと高レベルの収入です。その金額は、大体1000万円前後となっています。この金額は、毎年発表される大企業などのサラリーマンの平均収入と比べてみても、かなりの高収入であると言えます。