組織内弁護士を目指す方法と仕事内容について

組織内弁護士になるには

ビジネス

組織内弁護士は、企業の社員として様々な法務問題について解決をする弁護士のことを言います。その業務内容は労務関係や契約書や、企業間の提携上の法律問題など様々な業務が挙げられます。
また近年は知的財産権の意識の高まりから、音楽会社や映画会社、又は出版会社等の分野で活躍をする弁護士も存在します。このような組織内弁護士を目指すためには、司法試験に合格をする必要があります。
司法試験を受験する方法の1つとして、法科大学院に合格する必要があります。法科大学院入試では、志望動機書を提出する必要がある大学が多いために、その志望動機書の中で、将来の希望である組織内弁護士としての仕事内容を書くと良いでしょう。
そのため、事前に組織内で活躍する弁護士の講演会や出版されてある本などで情報を入手しておくことは非常に有益となります。多くの大型書店では、組織内で活躍する弁護士の本が置いてあります。また大学の法学部のイベントや司法試験予備校などでも、組織内で活躍する弁護士の講演会や授業が開催される場合があります。そのようなイベントに積極的に参加することは、将来のために大いに役立つといえます。

病院で重宝される医師の国家資格を持つ組織内弁護士

また、例えば総合病院などの組織で活躍する弁護士の中には、医師の国家資格を持ちながら、司法試験に合格する人もいます。そのような弁護士は、例えば医療過誤訴訟の時に、医学知識が豊富なために、勝訴に有利な証拠を提出することが出来る傾向があります。
また、通常の文系大学を卒業した弁護士では取得することが困難な手術の知識や情報も仕入れることが出来るために、病院から重宝される傾向があります。

スポーツ業界で活躍する組織内弁護士

さらに近年は、スポーツ業界の組織内で活躍する弁護士も増えています。例えば多くのスポーツ業界では、組織内の秩序を維持するための規定や罰則が存在します。このような秩序維持のための規定の作成に弁護士がアドバイスを行う仕事が存在します。
また組織内の規定に違反した選手がいた場合は、弁護士がスポーツ団体を代表して、その選手に対して聴聞をする場合があります。プロの法律家である弁護士が存在することによって、組織内の秩序と安全が保たれるケースがあります。
また、スポーツ団体が他の業界と提携をする場合に、その契約内容に違法な部分がないかをチェックすることも、組織内で活動する弁護士の重要な役割となります。このように弁護士が活躍することによって、将来の紛争予防となります。