顧問弁護士を持つメリット

未然にトラブルを防ぐ

ビジネスを円滑に進めることや、法的トラブルの解決の場面で大いに役立てることができるため、顧問契約を結合し、弁護士を在籍させることは大企業のみならず、中小企業にとって様々なメリットが得られます。
もっとも利点となるのが相談したい場面で早急に対応できる点で、トラブルを未然に防ぐ、あるいは最小限に抑えるることも可能です。些細な事柄では弁護士事務所を訪れるのに難色を示しやすく、さらに相談費用も高額となりやすいデメリットが挙げられています。
しかし、顧問契約を締結する一工夫により、相談も電話やメール、企業側に赴くなど無料で行え、些細な内容でも対応してくれます。気軽に相談できることがトラブルを作らないため、顧客や従業員への信頼にも直結します。

迅速な対応と解決力

事業内容に精通している顧問弁護士であれば、社内の実情も把握し、その場に相応しい対応が可能です。通常は、相談内容によって解説に時間を割かれ、問題が発生した時にすぐに相談できずに問題を悪化させてしまうケースも実情として挙げられています。
顧問であれば、常に事業内容に関連した情報をリサーチしたり、企業の方針や人間関係の構築までを図るため、実情を把握している分、時間や費用、アポイントの面倒な手続きを踏まず、迅速で満足できる解決方法が実行できます。一般的に弁護士に相談すべきか否か、判断に迷う際にも気軽に相談できる点が利点の1つです。

法務コストの削減

さらに顧問弁護士が在籍する利点として、法務コストの削減を挙げることもできます。法務部が法的トラブルに対応するのが一般的であるものの、中小企業にとっては、専門部署を設置するにはコストが掛かるデメリットを挙げることができます。
優秀な人材を在籍させるためには需要も重要ですし、法務専属の人材を雇用するよりも、知識と実力に優れた顧問弁護士がその分野を担ってくれることで低コストで対応できます。トラブルが発生した時にも、その対応に時間と労力が必要となり、本来の活動時間が割かれて損失は図り知れないものになりやすく、法務問題についても相談でき、企業活動に専念できます。

また、ノウハウを持つため、定型的なトラブルが発生する場合、ノウハウを享受し、社内対応するなどの適切なコスト削減も事情に応じて対応してくれます。取引先や顧客、営業先などに対し、信用性を作り出すことができるだけではなく、不当な要求などの違法性に関与するケースが限りなく少ないのもデータとして明確化されている利点の1つです。